自社マーケティングに必須なGoogleアナリティクス|操作も簡単

スマイルメンズ

流入経路も把握できる

ネットワーク

広告サイトにどれだけの効果があるか調べるには、どの流入経路からサイトへとアクセスしたかリサーチする必要があるでしょう。自社サイトへと誘導する場合、自社のホームページへと移動させる広告サイトが重要になります。自社で作成する場合もあれば、人気サイトを運営する人に委託する場合もあるでしょう。広告目的で提携している場合、広告料金も支払い続けなければなりません。提携したサイトから多くの人が確実に移動してきているのであれば、広告料の支払いも続けるべきですが、もしも提携サイトから移動した人が全くいなければ、広告料の支払いも無駄となってしまうでしょう。自社が扱う製品と提携サイトの客層が噛み合わない場合もあり、例え人気サイトと提携していたとしても、必ず広告利益を得ることができるというわけではないのです。Googleアナリティクスを利用すれば、自社のホームページへ訪れた人がどのような経路でアクセスしたかがわかります。提携しているサイトからのどれだけの人が移動したかがわかるので、利益を生まない提携サイトとの契約を解除しコストの削減を図ることができるでしょう。

Googleアナリティクスでは、集客サマリーから訪問者のチャネルの種類を調べることができます。リンクからの流入やソーシャルメディアなどからの流入も把握できるので、自社サイトへの誘導を目的とした各種サイトの効果がわかるのです。また、このGoogleアナリティクスの機能を用いることで、検索エンジンによって自社サイトが表示されやすいかどうかもわかります。入力した単語でサーチを掛ける検索エンジンは、自社サイトに含まれる単語などから検索を行なうものです。検索エンジンからの流入が少ない場合、消費者が検索する際によく用いられる単語が、自社サイト内に使われていないことが考えられます。Googleアナリティクスを用いて検索エンジンからの流入数を調べ、きちんと検索されやすいサイトとして作られているか、調べることができるでしょう。